おいしく食べるための解凍・調理方法

解凍方法は冷凍食品を調理する上で最も重要な工程です。 正しい解凍方法で調理すると驚くほど差がでます。キャプテンフーヅ では、購入した商品をおいしく召し上がっていただくために、下記 の解凍方法をおすすめしています。
低温解凍低温解凍
対象商品

■刺身類

■肉類

■水産加工品類

冷凍庫から冷蔵庫に移し、ゆっくりと解凍します。特にブロック・柵状のお刺身におすすめの解凍方法です。 ドリップ(解凍時に出る旨味成分の汁) の流出も少なく、身質も鮮魚に近い食感を味わえます。

解凍時間の目安  秋冬⇒4〜5時間 春夏⇒3〜4時間

※冷凍庫の設定、機種によって多少の誤差があります。又長時間冷蔵庫で解凍する事は避けてください。
流水解凍流水解凍
対象商品

■氷詰め商品

■刺身類

未開封でパッケージごと水受けの容器に入れ、水道水を細く流しかけながら水に浸し解凍します。 氷詰めされている海老はパックから取り出し同様に解凍します。忙しい時、低温解凍の時間が取れない時におすすめの解凍方法です。

10分程度流水に浸ける⇒中心が凍った状態でスライス⇒冷蔵庫で全解凍

凍ったまま凍ったまま
対象商品

■干物

■切身類

■揚げ物

■惣菜類

袋から取り出し解凍せずにそのまま加熱調理します。又、素材物はサッと水洗をしてください。 焼き魚や煮魚にする際におすすめの調理方法。素材の旨味をドリップの流出により失う事もなく、解凍による鮮度落ちもありません。

※焼魚の場合、脂分の多い魚、または漬魚はホイルを敷いて焼いてください。
塩水解凍塩水解凍
対象商品

■まぐろ刺身類

塩水に浸した後に低温解凍します。ドリップの流出や変色を軽減できる為、変色し易いマグロにおすすめの解凍方法!

1 約1ℓのぬるま湯(約40℃)に塩大さじ2を加え凍ったまぐろを約1〜2分浸します。2  まぐろの身の表面が少し解け色が薄くなったら、温塩水から上げます。3 キッチンペーパーに包み、冷蔵庫で低温解凍します。

自然解凍自然解凍
対象商品

■調理済加工品

日の当らない涼しい場所で自然に解凍します。主に調理済みの加工食品などにする解凍方法です。







解凍方法
このページのTOPへ
 食材宅配のキャプテンフーヅ| ご利用案内| お問い合わせ| 会社情報| 新規会員登録| 特定商取引に関する表記| 資料請求|
Copyright(C)2011 captain-foods All rights reserved.